英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第128回 ベジマイトだよ、これは、くあー!

第128回 ベジマイトだよ、これは、くあー!

  皆さんは朝食はパン派ですか、それとも、ごはん派ですか。えっ?朝は食べないんですか?オー、ノー。それはだめ。脳が働きませんよ。パンにはバター、ジャムなどを塗りますよね。蜂蜜やチョコレートなどもおいしそうです。その種類のもので、「ベジマイト」をご存知ですか。これはオーストラリア特産です。大学の食堂などにはよく置いてあり、これを好む人もたくさんいます。ビタミンBが豊富に含まれているそうです。

  一見、チョコレートの硬めに溶けたのによく似ています。あるとき、てっきり、チョコレートバターだと思って、たっぷりベジマイトをパンに塗り、がぶりとほおばりました。うへー!、くぁー!、という感じでした。からいというか、なんというか、すごい味に感じました。皆がいたので、口に入れた分は牛乳で流し込みました。ビンのラベルには次のように書かれていました。

Vegemite
The Vegemite story started in 1923 after war had delayed supplies of imported yeast extracts. Food Walker, a business visionary, created an Australian made yeast spread.

(ベジマイトの歴史は1923年に始まった。当時、[第二次大]戦後で輸入物の酵母エキス剤の供給が遅れていた。仕事上何かいいことはないかと考えていたフードウオーカー氏はオーストラリア特産の酵母の(パンなどに)塗るものを広めた。)

  実際には、フード氏は科学者の協力を得て製品化しました。さて、これを商品として売り出す際の商品名を考える必要がありました。当初はラベル’Pure Vegetable Extract’(純粋の野菜エキス)と記されていました。が、もっと知れ渡るようにとその名前を公募したところ、たくさんの応募がありました。結局、フード氏の娘さんが付けたVegemiteという名前に決まったそうです。

  ベジマイトは酵母菌にセロリ、タマネギなどの野菜類、塩、などを混ぜ合わせたペースト状のもので、普通、パンに塗って食べます。日本でも手に入るはずですので、一度お試しになってはいかがでしょう。どんな味がするかは、がぶり!、の後で。くわー、おっへー、と感じるか、意外に、いけるねー、とお思いになるかはご本人次第です。結構くせになるかも。

 

[ワンポイント英語表現]
Best before 03 FEB 06(賞味期限は2006年の2月3日まで)[食品のラベル]




御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語