英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第125回 タスマニアタイガーは生存!?

第125回 タスマニアタイガーは生存!?

 ヒマラヤの雪男、イギリスのネス湖のネッシー、など、「見た」という人がいるとかいないとかで、いろいろ話題になります。オーストラリアの南の小さな島、タスマニアにはかつてはタスマニアタイガー(Tasmanian tiger)が生存していました。写真を見る限り、犬か狼の体系で、背中にはトラのような縞模様があります。今はもう絶滅したと言われています。ところが、ここ数十年、目撃したという情報が絶えないそうです。最近、オーストラリアのある雑誌社が、タスマニアタイガーが生存しているという確実な証拠を示した人には125万オーストラリアドル(約1千万円)の賞金(reward)を出すと発表しました。新聞には次のように報道されていました。

Is the Tasmanian tiger really extinct?
Over the past 70 years, more than 4,000 alleged sightings of the believed-to-be-extinct Tasmanian tiger have been reported. If the tiger has somehow managed to cling to survival, proving its existence would be one of the greatest scientific stories of the century.

(タスマニアタイガーは本当に絶滅したのか? ここ70年の間、絶滅したと思われているタスマニアタイガーを目撃したと言われる情報が4千件以上寄せらている。もしもこのトラが何らかの形で生存しているとすると、その存在を証明できれば科学史上今世紀最大のもののひとつになることだろう。)

 それではひとつ探してみようかとおっしゃる皆さんのために若干の情報を提供します。体格(Build) は大型の胴体の長い犬に似ており、しっぽは硬くて長く、顔は大きめ。色は薄茶で、肩から尻にかけて濃い茶色の縞模様がある。大きさ(Size)は、鼻先からしっぽまでは、大人では180 cm、肩の高さは58 cm、体重は30キロ程度。声(Sound) ですが、普通は無言の (mute) 状態だが、興奮するとかすれた (husky) 、咳き込むような (coughing) ほえ方をする。生息地(Habitat)は乾燥したユーカリ林、湿地帯、草原など。肉食性で、主食はワラビー(Wallaby:小型のカンガルー)などの小動物、鳥など。

 お心当たりのあるかたは。。。と言われてもねー。




御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語