英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第121回 カバとクジラの先祖は同じ?

第121回 カバとクジラの先祖は同じ?

 カバは英語ではhippopotamusですが、会話では普通は短くhippoです。アメリカ、フランスなどの科学者からなる研究所が最近発表したところでは、カバとクジラの先祖は同じとのこと。英字新聞には'Hippos and whales shared a common ancestor'(カバとクジラは先祖が同じだった)という見出しがありました。内容を見て見ましょう。

More recent DNA analyses suggested a closer kinship with modern whales.
(より最近のDNA分析の結果、カバと近いのはクジラである可能性が強まった。)

 これまでは、カバが一番近いのはイノシシの類だと言う科学者は何人かいたそうですが、クジラに近かったとは、当のご本人たち(カバちゃんとクジラ君)もびっくりしていることでしょうね。現在のカバと化石のカバの骨と歯を調べたところ、こういう研究結果が出たとのこと。カバがイノシシの類と同じではないということは、頭蓋骨の比較からわかったそうです。ともに頭突きが強そうですね。

 歴史的にはクジラの先祖の誕生のほうがカバよりもずっと前だそうです。ということは、ある時期に個性的なクジラが出現して、長い期間と経てカバが誕生したということになりますかね。よくわかりませんが。いずれにしても、こういう分野を研究する科学者たちをpaleontologist(古生物学者)と言うそうです。

 こういう話は文化を超えていますね。とても雄大な研究です。研究はどんどん進歩し、これからもいろいろと驚くべき事実が明らかにされていくんでしょうね。ところで、この話は本当なのかですって?科学のかくも進歩した時代です。間違いないでしょ。えっ?なぜそんなにこの理論をかばうかって?そんなにめくじらたてることもないでしょ。

[ワンポイント英語表現]
Hippos and whales share a common ancestor. They belong to the same mammalian family tree.(カバとクジラは祖先が共通です。同じ哺乳類の家系に属しています。)
[注:mammalian「哺乳類の」(<mammal「哺乳類」)]




御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語