英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第113回 Eye−目で見て納得

第113回 Eye−目で見て納得

 耳、口の次は「目」です。耳から聞いた英語を口から発し、それを目で読んで確認し、納得するわけです。英語を正しく読み取り、相手が言わんとしているところをつかむのは結構難しいものです。英語を確実に読む簡単な方法は!のお話はおいておいて、今回はeyeにまつわる英語表現の話です。

1. Miss Sakurai has a good eye for paintings.(桜井さんは絵にかけては目が高い。)
2. Look! Ms Iroko is making eyes at you.(ほら、イロ子さんが君に秋波を送ってるぞ。)

 1.ですが、'have a good eye for'「〜にかけては目が高い;精通している」という言い方で、ごく普通に使われます。2.は「〜に色目を使う;秋波を送る」という意味の慣用表現 'make eyes at'を用いています。この意味では、他に、'cast [or make] sheep's eyes at'などという言い方もあります。そういえば羊の目はなんとなく色っぽいかもしれません。メーエ、ときますか。1., 2.の表現とも、英語も日本語も同じ感覚ですね。この種の表現は文化を超越しているようです。

3. Keep your eye on the ball.([スポーツで]ボールから目を離すな。)
4. You hit me right between the eyes.(びっくりしたなあ、もう。)
5. That's all my eye! (=All my eye!)(うそ言え、とんでもない。)

 いかがですか。2. は'hit a person (right) between the eyes'「(人を)ビックリさせる;驚かせる」という言い方です。英語のeyeも日本語の「目」も、使われ方はそれほど大差はないようです。ただ、英語には体の部分を用いた慣用表現がたくさんあります。辞書を目で確かめると結構面白いですよ。表現を豊富にしておくことが英語でのコミュニケーションを豊かにする近道だということをお忘れなく。次回は「手」ですって。

[ワンポイント英語表現]
Smoke is getting in my eyes.(煙が目にしみる。)




御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語