英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第107回 TOPとBOT−表と裏(野球)

第107回 TOPとBOT−表と裏(野球)

TOP 6TH
2-1

 

 これは何のことだかお分かりですか。TVでメジャー・リーグの野球放送を見ていると、画面の端にこんな表示が出ます。Topはイニングの「表」を意味します。ですから、「6回の表」の表示です。問題は'2−1'です。ボールとストライクを表しています。が、日本式では、ストライクのカウントが先で、ボールは後で言われますよね。したがって、2−1なら、「2ストライク、1ボール」です。しかし、アメリカでは逆で、ボールが先で、ストライクが後です。なので、 2−1は「2ボール、1ストライク」となります。アメリカが逆というよりは、日本がアメリカの逆なのかも知れません。歴史的にはあちらさんが先ですからね、野球は。

 Topの「表」に対して「裏」はbottom (=the second (or lower; last) half)です。よくBOTと略して表示されます。「表と裏」は 'the top and bottom of an inning'、「6回の裏(表)」は 'the bottom (or top) of the 6th inning'です。それにしても、日本から大リーグに乗り込んだ野茂、松井、イチロー選手たちはたいしたものです。日本の野球も実力が上がり、グローバルになりました。ところで、野球の「グローブ」はglove「グラヴ」で、グローバル(世界的な;地球全体の)の名詞形はglobe「グロウブ」(球、地球)ですよ。ちょっとややこしいですが、間違えないように。

[ワンポイント英語表現]
Matsui swatted a homer in the top of the 8th.
(松井はホームランを打ちました、8回の表に。)
[注:swat a homer「ホームランを打つ」]




御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語