英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > 御園和夫の異文化英語 > 第9回 子供はバスでは座ってはいけない!?

第 9 回  子供はバスでは座ってはいけない!?

 オーストラリアのバスの中にこんな表示がありました。

Scholars and Children are requested.
Not to Occupy Seats whilst Adult Passengers are standing.

「生徒ならびに児童のみなさんへお願い。大人の乗客が立っていたら座席に座らないでください」

 要するに、大人が立っていたら座席を譲ってあげてください、というものです。日本ではこういう表示にお目にかかることはまずないのではないでしょうか。おじいさんがいようが、おばあさんがいようが、生徒、子供は堂々と座っています。いろいろ事情もあるでしょうが、お国柄の違いでしょうかね。

 もっとも、オーストラリアでは、また、西欧でも、学生さんの乗り物その他の割引率は結構高いのです。学生料金は普通料金の半額です。割引率が高いから、つまり、低料金で乗っているから座ってはいけません、というわけでもないでしょうが。

 優先席があると、どうも逆に、普通の座席に座っている人は、お年寄りなどに席を譲らない傾向も見られます。ところで、上の英文中のscholarは「学生、生徒」という意味です。ちょっと古いというか、かしこまった使い方です。普通は「学者」と言う意味で用いられます。この語は、ラテン語語源で schola (学校)から来ています。また、whilst [hwailst] は主にイギリスのつづりで、 while と同じです。子供に対する見方は文化が違うと異なるんですね。




御園和夫

関東学院大学名誉教授、日本英語音声学会常任理事。英語学、英語音声学、英語教授法専攻。特に英語の音声教育に力を注いでいる。英国レディング大学、米国UCLA、オーストラリア、クイーンズランド大学などで研修・留学。言語学博士。
長年にわたりテレビ・ラジオで活躍し、「百万人の英語」や「旺文社大学受験ラジオ講座」など、数々の英語番組を担当。著書に、『コミュニケーション主体の英語音声学』(和広出版)、『英語発音指導マニュアル』(CD付)編集主幹、北星堂、『聴順直脳トレーニング』(CD付)IBC出版、『耳から楽しむ英語ジョーク:聴くユーモア』(CD付)旺文社、『成功する英語表現講座』(南雲堂)、『場面別英会話』(旺文社)、他多数。

御園先生が教壇に立っている関東学院大学を知りたい!

リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語