英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > にっぽん解体新書 >  『 My favorite movie 』 〜好きな映画とその理由〜

にっぽん解体新書
【メルマガ連動企画】 
みんなで、にっぽんの文化・風習をもう一度見直して、おもしろいガイドブックを完成させよう!
各テーマについて、毎週投稿された作品の中から2作品を編集部で添削し、メルマガで発表します。各テーマの「最優秀作品」と「優秀作品」の方には、図書カード(500円分)をプレゼントします!
みなさまのご投稿お待ちしております。現在募集中のテーマは、「投稿フォーム」でご覧いただけます。
※多数ご投稿いただいた場合、すべてを掲載できません。ご了承ください。

  投稿フォーム   メルマガ登録
 『 My favorite movie 』 〜好きな映画とその理由〜
埼玉県 ASさん(初投稿!)
 

掲載文:

I love "Otoko wa Tsurai yo, Tora-san Series."
It's a very popular Japanese movie series that has filled many Japanese with laughter and pathos.

Almost every story in this series has a similar plot in which the main character, Tora-san, played by a Japanese iconic actor Atsumi Kiyoshi falls in love with a beautiful lady called "Madonna", but his love always ends up being one-sided.

Along with this set story line, Tora-san makes a lot of blunders and causes troubles with his family members and his old friends.

Against their onslaught of criticism, Tora-san sometimes answers back in his own wording, and what he says reminds me of something very essential in our lives and that we have long lost.

Another charm of this movie series lies in its beautiful screen shots depicting traditional Japanese sceneries such as old town Asakusa and scenic beauty of suburbs and countryside.

Unfortunately, Atsumi Kiyoshi died in 1996, but I think his friendly face and accomplished acting will long remain in Japanese people's minds.

 

和文:

 私は『男はつらいよ−寅さんシリーズ』が大好きです。これは、日本人を笑いと哀愁に引きずり込んできた大変人気のある映画シリーズです。

 このシリーズでは、ほとんどすべての物語が似たような筋書きで展開されており、それは、国民的俳優の渥美清が演じる主役の寅さんがマドンナと呼ばれる美しい女性に恋をし、最終的には必ず片思いで終わるというものです。

 このお決まりのシナリオの中で、寅さんが数々のヘマをし彼の家族や古い友人たちとのいさかいを引き起こします。

 家族や友人たちからの非難の猛攻撃の中で、寅さんは時々、彼特有の言い回しで口答えし、我々が長い間忘れていた人生に対する重要な何かを思い起こさせます。

 また、古い町浅草の風情や地方の美しい景色など、日本の伝統的な風景を描写した美しい映像もこの映画の魅力の一つです。

 残念ながら、渥美清さんは1996年に亡くなりましたが、彼の人懐っこい顔と熟練した演技は長く日本人の心に残ることでしょう。

    fill 〜 with laughter ・・・ 笑いの渦に巻き込む
    pathos ・・・ 哀愁
    plot ・・・ あらすじ
    iconic ・・・ 偶像視される
    ends up 〜ing ・・・ 結局最後は〜する事になる。
    one-sided ・・・ 一方的な
    set ・・・ 決まった
    blunder ・・・ 大失敗
    onslaught ・・・ 猛攻
    wording ・・・ 言い回し
    depict ・・・ 描写する

投稿文:

My favorite movie I love "Otoko wa Tsuraiyo, Tora-san series".
It's a very popular Japanese movie series that has dragged many Japanese people into laughter and pathos.
In the series, almost every story has a similar plot in which the leading character "Tora-san", played by a national actor "Atsumi Kiyoshi", falls in love with a beautiful lady called "madonna", and it surely ends in one-sided love.
Along with this inevitable scenario, Tora-san makes a lot of blunders that cause hustle and bustle with his family members and his old friends.
In the onslaught of blame from them, Tora-san sometimes answers back with his own wording, that reminds us of something very essential to our lives that has been long left behind us.
Another charm in this movie series lies in its beautiful screen shots that depict traditional Japanese scenery such as an air of old town "Asakusa" and scenic beauty in local areas.
Unfortunately, Atsumi Kiyoshi died in 1996, but his friendly face and experienced acting would remain long in the mind of Japanese people.


<編集部より>

  素晴らしい英文でした!寅さんの映画のよさをわかりやすく伝えてくれました。特に、私は、"Tora-san sometimes answers back in his own wording"という表現が素晴らしいと思いました。wordingで、言い回し、という意味で、寅さんの独特の言い回しと特徴をいい表していますね!
  一番最初の“日本人を笑いと哀愁に引きずり込んできた”という表現ですが、投稿では、"dragged many Japanese people into laughter and pathos."と表現していただきましたが、"dragg someone into"という表現には、否定的な事へ巻き込むイメージが強いため、"fill 〜 with laughter"という表現にしました。

  例文:Armstrong dragged into doping scandal.
      アームストロングは、ドーピングスキャンダルに巻き込まれた。


東京都 まささん(4回目)
 

掲載文:

I recommend "Mononoke-hime," or "Princess Mononoke" for the English version.

It is an animated film created by a Japanese famous animation studio,"Studio Ghibli."
What I like about this film is that it makes me think about what it is to "live."

The story is set in the 1300-1500s Japan.
Ashitaka, the hero of this movie, comes across the conflicts between a group of industrial people and a forest tribe including spirits of animals and forests and Mononoke-hime, the heroine. He tries to promote reconciliation between them, but they have their own interests and won't listen to him.

A thought-provoking point of this film is that Ashitaka can understands either side's interests.
Being a member of agricultural people himself, he knows human beings need to clear-cut forests for the sake of their cultural development while he recognizes the importance of forests.

I bet this film will give you something to think about what it is to live.

和文:

「もののけ姫」をお勧めします。英語版では「プリンセス モノノケ」と呼ばれています。
日本の有名な「スタジオジブリ」のアニメ映画です。
この映画で好きなのは、「生きる」とは何かについて考えさせられることです。

物語は1300〜1500年代の日本です。
主人公の「アシタカ」は、工業の民と、ヒロイン「もののけ姫」ら森の民との抗争に出くわし、この抗争をなんとか和解しようとしますが、彼らには彼らの利害があり聞き入れません。

この映画の考えさせられるところは、アシタカはどちらの利害についても理解ができるという点です。自身、農耕の民の一人として、アシタカは森の大切さも知っている一方、人類が彼らの文化を発展させるため自然を切り進む必要があることもわかるのです。

この映画を見たら、生きることについて考えさせられること間違いなしです。

    animated film ・・・ アニメ映画
    set in ・・・ 設定する
    come across ・・・ 出くわす
    conflict ・・・ 衝突
    tribe ・・・ 部族
    reconciliation ・・・ 和解 (reconcile ・・・ 和解させる)
    thought-provoking ・・・ いろいろ考えさせる
    provoke 引き起こす
    clear-cut ・・・ 皆伐する
    for the sake of ・・・ のために
    I bet 〜・・・ きっと〜だ

 

投稿文:
I recommend "Mononoke-hime", called "Princess Mononoke" in English version.
It's a animated film created by Japanese famous cartoon studio "Ghibli".

The story was set on the 1300-1500's of Japan with 3 ethnic groups as follows.

GROUP A: Including hero. Agricultural people
GROUP B: Industrial people
TRIBE C: Including heroine. Forests and animals with spirit

GROUP B ravages the forests to develop their industry, so TRIBE C opposes their course of action.

The hero "Ashitaka" comes across their ethnic violence and try to promote reconciliation among conflicting these ethnic groups/tribes, but they have their own interests.

Thought-provoking point of this film is that Ashitaka understands both of their interests due to his position, he knows importance of forests and also he discerns human being need to deploy their culture into nature.

I'm sure this film gives you something to think about "Live".


<編集部より>
  “what it is to 〜”で〜するという事、という意味で使います。例えば、“恋をするという事について”は、what it is to be in loveとなります。この表現はいろいろ使えますね。


東京都 kooさん(7回目)
 

掲載文:

My favorite movie is "Out of Africa", starring Meryl Streep and Robert Redford.
It was one of the few movies that did not disappoint me by losing the flavor of the original, which I read beforehand.
The film depicted the heroine's love and solitude in the bright light of the African sun so beautifully that the movie left a lasting impression on me.

和文:

お気に入りの映画はメリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード主演の「愛と悲しみの果て」です。映画を観る前に読んだ原作の香りを損わない数少ない映画の一つでした。主人公の愛や孤独がアフリカの陽光の中で美しく描かれていていつまでも心に残っています。

 

    starring 〜 ・・・ 〜主演の
    disappoint ・・・ 失望させる
    beforehand ・・・ 事前に
    depict ・・・ 描く、表現する
    heroine ・・・ ヒロイン(スペルに注意!heroin=ヘロインです。)
    solitude ・・・ 孤独
    lasting ・・・ 持続する

投稿文:
My favorite movie is "Out of Africa", starred by Merry Streep and Robert Redford. It was one of the few movies that did not disappoint me by losing the flavor of the original, which I read beforehand. It depicted the heroin's love and solitude in the bright right of African scenery so beautifully that it left a lasting impression in my mind.


<編集部より>
  〜主演という場合、starring 〜とかfeaturing 〜という表現をよく使います。原作本に忠実な、という場合、“a faithful adaptation of the original book”という表現もよく使います。こちらでもよいでしょう。

  adaptation ・・・ 脚色

  heroineの綴りには注意が必要です。最後のeを忘れると、麻薬のヘロインになってしまいます!


東京都 izukoさん(3回目)
 

掲載文:

Recently, I watched a movie titled "Vitus" and liked it very much.
The story is about a boy who is highly-gifted at piano playing.
His parents gave him gifted education, and he used to play the piano for his parents.
He, however, came to dislike playing the piano, so he decided to quit and have a normal childhood.
It was when he distanced himself from piano playing that he understood the meaning of an advice saying, "Play the piano for yourself," for the very first time.
He then began to play the instrument again, but this time for himself.
I was moved by the idea that it is very important to do something for yourself, no matter what it is.

和文:

 先日、「僕のピアノコンチェルト」という映画を見て、とてもよかったです。ピアノの天才少年のお話です。
 彼は、英才教育を受けさせる両親が喜ぶからという理由でピアノを弾いていましたが、ピアノを弾くのが嫌いになってしまいました。
 そこで、ピアノを捨てて、普通の子どもの生活を送る事にしました。
 一度ピアノから離れた時に初めて、以前アドバイスされた「自分のために弾きなさい」ということの意味がわかり、心から自分のためにピアノを弾く事ができるようになります。
 私は、何事も、自分のためにやる事がとても大切なんだ、という事に感銘を受けました。

    gifted ・・・ 才能のある
    gifted education ・・・ 英才教育
    dislike ・・・ 嫌う
    distance oneself from 〜 ・・・ 〜から遠ざかる
    for the very first time ・・・ 初めて

投稿文:
Recently, I watched the movie "Vitus" and liked it very much.
The story is about the highly-gifted boy on piano.
His parents give me a special education and he used to play piano for his parents.
But he became to disliket playing piano.
So, he decided to leave piano and spend a normal child's life.
When he left piano and for the first time he understand the advice "play piano just for yourself" which had been given before.
Then he begin to play piano again just for himself.
I was moved by the idea that no matter what it may be, it is very important to do for yourself.


<編集部より>
  なかなかステキな映画のようですね。「人に言われたからでなく、自分がやりたいと思ってやるように」という言い回しで、"do something not because someone tells you to but because you want to"というものがあります。参考にしてみてくださいね。


東京都 しげさん(10回目)
 

掲載文:

My favorite movie is "A Walk to Remember."
I have watched it five times already, and I cried each and every time.
It's a bit sad story, but I don't think this movie will leave its audience feeling so sad.
I think the movie makes us think what love is.
"Love is like a wind. You cannot see it, but you can always feel it."
This is one of my favorite lines from the movie.

和文:

 私のお気に入りの映画は「A Walk to Remember」です。すでに5回観ましたが、毎回泣いています。少し悲しい話ですが、観る人を悲しい気持ちのままにはしません。この映画は愛とはなにか考えさせられます。
  「なぜなら愛は風のようなものだから。愛は見ることは出来ないけれども、感じることが出来る」
これは映画の中の私の好きな台詞の一つです。

    each and every time ・・・ 毎回毎回
    bit ・・・ 少し
    leave A B ・・・ AをBの状態のままにする
    line ・・・ せりふ

投稿文:
 My favorite movie is A walk to remember. I have watched it 5 times and every time I cry. It makes us think what love is. It's a bit sad story but you won't feel so sad after watching it because "love is like a wind. You cannot see it but you can always feel it." This is one of my favorite sentences from the movie.


<編集部より>
  この映画の好きな理由がすこしあいまいでしたので、少し構成しなおしました。いかがでしょうか?気に入った台詞を使って説明するのもよいアイディアですね。


編集部 りんご
 

掲載文:

One of my favorite movies is "Stand by Me."
I first saw it when I just started studying English.
I became a big fan of the main actor, River Phoenix, who became a super star after the movie came out.
This movie caused me to take a great interest in English and American culture which Hollywood movies represent.
It was a big cultural impact for a teenage girl.
I love this movie because it reminds me of my teenage years.

和文:

 「スタンド・バイ・ミー」が好きな映画です。この映画を初めて見たのは、英語の勉強を始めたころでした。主役を演じたリバー・フェニックスの大ファンになりました。彼は、この映画の後有名になりました。
この映画を見たことがきっかけで、英語とハリウッド映画の映し出すアメリカ文化への興味が湧きました。十代の少女にとっては、とても大きな文化的な影響でした。この映画を見るといつも自分の十代の頃の事を思い出すので、この映画が好きなのです。

    come out ・・・ 世に出る
    big fan of 〜 ・・・ 〜の大ファン
    represent ・・・ 表す
    take an interest in 〜 ・・・ 〜に興味を持つ

投稿文:
One of my favorite movies is "Stand by Me". I first saw it when I just started studying English.
I loved the main actor River Phonex, who had become the super star after the movie.
This caused me to take great interest in English and American culture.
I also bought the CD and listen to the music over and over again.
I can't see the movie without remebering my teenage days.


<編集部より>
  有名な「スタンド・バイ・ミー」について書いてみました。最近の韓流ブームで、韓国語学習者がたくさん増えたように、私の十代もハリウッドスターにあこがれる事と英語の勉強はとても密接に関わっていました。

添削文について
編集部で作成した添削文は、一つの表現例です。その他にも様々な表現が考えられます。 また、投稿文のままでも文法上問題ない場合もありますが、編集部では、全体の文の流れなどを 考えて添削するようにしています。


リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語