英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > にっぽん解体新書 >  『 My childhood dream 』 〜 子どもの頃の夢 〜

にっぽん解体新書
【メルマガ連動企画】 
みんなで、にっぽんの文化・風習をもう一度見直して、おもしろいガイドブックを完成させよう!
各テーマについて、毎週投稿された作品の中から2作品を編集部で添削し、メルマガで発表します。各テーマの「最優秀作品」と「優秀作品」の方には、図書カード(500円分)をプレゼントします!
みなさまのご投稿お待ちしております。現在募集中のテーマは、「投稿フォーム」でご覧いただけます。
※多数ご投稿いただいた場合、すべてを掲載できません。ご了承ください。

  投稿フォーム   メルマガ登録
 『 My childhood dream 』 〜 子どもの頃の夢 〜
東京都 kooさん(6回目)
 

掲載文:

When I was a kid, I sometimes felt lonely at home because my mother worked full-time and I was an only child.
So, I had a dream of being a mother who always stays at home, doing the housework and taking care of her children.

However, now that I have grown up and become a mother of two, I have realized how hard it must have been for my mother to bring me up and also to take care of her sickly mother-in-law without much help from her husband.
I wish my mother could have lived longer.
I just hope to inherit her perseverant attitude toward life and her resilience, even if only a little.

 

和文:

 子どもの頃、母はフルタイムで働いており、しかも私は一人っ子だったので、家では時々寂しい思いをした。 だから家で家事をし、子育てをする母親にあこがれた。

 しかし、大人になり二人の子どもを持つ今、非協力的な夫と病気がちの姑を抱えながら私を育ててくれた母がどれだけたいへんだったかがわかる。 母にはもっと長生きをしてもらいたかったが、母の生きる気概や強さを少しでも受け継ぐことができたらと思うばかりだ。

    only child ・・・ 一人っ子
    mother of two ・・・ 二児の母
    sickly ・・・ 病気がちな
    mother-in-law ・・・ 姑
    inherit ・・・ 引き継ぐ
    perseverant ・・・ 忍耐強い
    resilience ・・・ 粘り強さ、立ち直る力
    only a little ・・・ 少しでも

投稿文:

 When I was a kid, I sometimes felt lonely at home becasue my mother worked full-time and I was an only child.
 So I had a dream of being a mother who always stays at home, doing household chores and taking care of her children.
 However, now that I have grown up and become a mother of two, I have found how hard it was for my mother to bring me up with an uncooperative husband and a sickly mother-in-law.
 I wish she could live longer, and I hope to inherit some of her courage and resillience to live.


<編集部より>

  特に直すところはありませんでした。子どもの時の理想と、大人になって同じ経験をしてから見えてくるものがあるんですね。とても深い文章でした。


静岡県 瑠璃紺さん(初投稿)
 

掲載文:

My childhood dream was to become a hero, who is a person of justice and who sides with the weak against the strong.
Watching heroes in TV programs, I aspired to be like one.
I wanted to take Karate or Kendo lessons to become stronger and also wanted to get a motorcycle license to look and be cool.
My dream was, however, flatly rejected by my parents with the words, "Be feminine," and that was the end.

和文:

 私の子供の頃の夢は正義の味方になること。弱きを助け、強きをくじくというあれです。テレビのヒーロー番組を見て憧れて、より強くなるために空手や剣道を習い、格好よくなるためにバイクの免許も取りたかったのですが、その夢は両親の「女の子なんだから」の一言で却下されてしまったのです。

    side with〜 ・・・ 〜の味方をする
    the weak ・・・ 弱い人たち(the+形容詞⇒〜な人々)
    aspire to be 〜 ・・・ 〜になりたいと切望する
    flatly ・・・ にべもなく
    feminine ・・・ 女らしい

 

投稿文:
 My childhood dream was becoming a hero of justice.
 It is the person who is helping the weak and battering the strong.
 Watching heroes of the TV programs, I longed for them and I wanted to practice Karate or kendo to be stronger and to take a motorcycle license to be cool.
 However, my dream was rejected flatly by one word of my parents 'Be feminine.' That's that.


<編集部より>
  瑠璃紺さんは、ヒーローになりたかったのですね♪テレビのヒーロー番組というとき、“in TV programs”のように前置詞はinを使います。また、“flatly rejected”(却下される)という表現を使ったのはとてもよかったです!


東京都 まいまいさん(初投稿)
 

掲載文:

 "dreaming"

When I was just a little girl,
I wanted to be a hero

Run like a boy, ride like a boy
Talk like a boy, eat like a boy

When I was just a little girl,
I wanted to be something else

Soar like a bird, creep like a cat
Chirp like a bird, purr like a cat

Yes, we once were just little ones,
each one of us had happy dreams.

和文:

 「夢みること」

 私が小さな女の子だった頃、
 ヒーローになりたいと思ってた

 男の子みたいに走って、男の子みたいに自転車乗って、
 男の子みたいな話し方して、男の子みたいな食べ方する

 私が、ただの小さな女の子だった頃、
 何か別なものになりたいと思ってた

 鳥のように空を飛んで、猫のように密やかに歩く
 鳥のように高くさえずって、猫のようにのどを鳴らす

 そう、私たちみんなただのこどもだった頃があって
 幸せな夢があったんだ

 

    soar ・・・ 空高く舞い上がる
    creep ・・・ 忍び足で歩く
    chirp ・・・ さえずる
    purr ・・・ のどを鳴らす

投稿文:
 When I was a little girl,
 I wanted to be a hero

 Run like a boy, ride like a boy,
 Talk like a boy, eat like a boy

 When I was just a little girl,
 I wanted to be something else

 Like a bird I can fly, Like a bird I can twitter,
 Like a cat I can creep, Like a cat I can purr

 Yes, we once were just little girls,
 each one of us had happy dreams.


<編集部より>
  ほぼ直すところがありませんでした!投稿いただいたままでもよかったのですが、後半、“Soar like a bird,〜”の所、前半のリズムを生かして、前半と同じ形態にしてみました。


千葉県 しげさん(9回目)
 

掲載文:

 My childhood dream was to be a sushi chef because I loved (and still loves) sushi the most.
 If I can make sushi, I can have it whenever I want.
 This idea sounds wonderful to me and to my mother as well.
 My mother is also awfully fond of sushi, so she would surely be happy if I were a sushi chef.
 I still want to learn how to make sushi, and I am planning to take lessons after retirement to fulfill my dream.

和文:

 私の子供の頃の夢は寿司職人になることでした。なぜなら私はお寿司が大好物だからです。もしお寿司を作る事が出来たら、自分の好きな時に食べられる。そんな夢みたいな話しが実現出来るんです。私の母もお寿司狂なので、喜ぶこと間違いないでしょう。私は今でも寿司の作り方を学びたいと思っており、退職後は寿司職人となるべく勉強する予定です。

    sushi chef ・・・ 寿司職人
    awfully ・・・ とても、非常に(口語的表現)
    fond of 〜 ・・・ 〜が気に入っている
    retirement ・・・ 退職

投稿文:
 My childhood dream is to be a sushi chef because I love sushi the best. If I would be able to cook sushi, I can have sushi whenever I want. It sounds amazing for me and for my mother. My mother is also obsessed by sushi so she would be appreciate it. I still want to be able to cook it so I'll take lessons for that after retirement.


<編集部より>
  「寿司を作る」はcookよりmakeがよく使われています。“お寿司狂”という表現ですが、投稿文では、“My mother is also obsessed by sushi”と書いていただきましたが、食べ物の場合は、addicted toという表現の方をより使うようです。ただし、addicted toというと、寿司なしには生きていけない位、中毒的な印象を受けるので、添削では、もう少し表現を柔らかくfond ofにしました。

 例文:I am addicted to chocolate. チョコレートに目がない。


千葉県 サリーさん(11回目)
 

掲載文:

 I remember I wrote in my third grade essay that I would be a cartoonist when I turned 30 years old.
 Unfortunately, when I was 20, I realized that I could not draw pictures better than others even though my college major was design.

和文:

 小学校3年生の時の作文で、30歳になったときに漫画家になっていると書いたのを覚えいています。けれども、20歳の時に、大学でデザイン科を専攻したにも関わらず、他人より上手く絵が描けないと気づいた。

    essay ・・・ 作文
    cartoonist ・・・ 漫画家
    realize ・・・ はっきりと理解する
    major ・・・ 専攻

投稿文:
 I did not have a special dream as a child, however, when I was third grade student, I remember I wrote that I would like to become cartoon writer when I turns 30 years old. Unfortunately, I noticed I could not draw a better picture than others when I was 20 years old even though my university's major was design.


<編集部より>
  小学生の頃の作文で、「将来の夢」について書いたりしましたね。小学校三年生の時の作文というのを、“in my third grade essay”とまとめてしまうとその後の文章がシンプルになりますね。


編集部 ひでりん
 

掲載文:

 My mother was very strict about what drinks to give to her children, and I was not allowed to drink any sweet juice.
 I always wished if I turned on a faucet, sweet juice instead of tap water would flow from it.

和文:

 うちの母は子どもの飲みものに厳しかったので、私はいつも、水道からジュースが出てきたらいいのに、と夢見ていました。

    faucet ・・・ 蛇口
    turn on ・・・ 蛇口を開ける
    tap water ・・・ 水道水

投稿文:
 In my childhood, my mother was so strict that I was not allowed to drink any juice. So, I always wished if I turned on the faucet, the juice, in place of normal water, would flew.


<編集部より>
  なんともかわいらしいエピソードでしょう。ちなみにこれは、うちの家人の子どもの頃の夢だそうです。
  水道をひねるで、“turn on a faucet”です。反対に締める時は、turn offを使います。また、水道水を“tap water”と言います。

添削文について
編集部で作成した添削文は、一つの表現例です。その他にも様々な表現が考えられます。 また、投稿文のままでも文法上問題ない場合もありますが、編集部では、全体の文の流れなどを 考えて添削するようにしています。


リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫の会話に役立つ英単語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記
英語のチカラ

授業に役立つ英語

英語のチカラ for Teachers

Archive(アーカイブ)

御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語