英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > にっぽん解体新書 > 蒸し暑い夏を乗り切るには 〜日本の夏のアイテム〜

にっぽん解体新書
【メルマガ連動企画】 
みんなで、にっぽんの文化・風習をもう一度見直して、おもしろいガイドブックを完成させよう!
各テーマについて、毎週投稿された作品の中から2作品を編集部で添削し、メルマガで発表します。各テーマの「最優秀作品」と「優秀作品」の方には、図書カード(500円分)をプレゼントします!
みなさまのご投稿お待ちしております。現在募集中のテーマは、「投稿フォーム」でご覧いただけます。
※多数ご投稿いただいた場合、すべてを掲載できません。ご了承ください。

  投稿フォーム   メルマガ登録
 蒸し暑い夏を乗り切るには 〜日本の夏のアイテム〜
東京都 ちゅーりさん(2回目)
 

掲載文:

 I love sudare or bamboo/reed screens.
 I hang them on the windows instead of curtains during the summer.
 They block direct sun light and people from looking in, but the breeze can come through it.
 They are also cool to the eye.
 Another good point is that they are cheap.
 At the end of the summer, they go on sale.
 So every year, I buy a new set for next year.


和文:

 私は簾が大好きです。夏になるとカーテンの替わりに簾を窓辺につるします。
 葦でできていて、見た目も涼しい。
 直射日光や、外からの視線を遮りますが、風をよく通します。
 もう一つの良い点は安いことで、買いやすい。夏の終わりは、夏の初めよりもっと安いです。
 いつも私は次の夏用に買っておきます。

   reed ・・・ 葦(アシ)
   screen ・・・ 仕切り、遮へい物
   look in ・・・ 中をのぞく
   go on sale ・・・ セールになる

投稿文:
 I love SUDARE. I hung them beside windows instead of cartain in summer season.

 They are made of strows, seems cool.
 In fact they block direct sun shine and looking from outside ,but they can throw wind well.

 Another good point is they are cheep, so I can buy them easy.This end of summer season, I can buy  them cheeper than first of summer. Every time I buy them for next summer.

 Don`t you try?


<編集部より>

 窓に簾をかけるという時、窓の上に重ねるようにするので、前置詞は "on the windows"になります。また、外からの視線をさえぎるという所は、"They block people from looking in."です。


千葉県 サリーさん(3回目)
 

掲載文:

 I can not forget uchiwa or fan in summer.
 I can use it anywhere, anytime. It is very convenient.
 If I do not have uchiwa, I can use a plastic sheet or a piece of paper instead.
 If I do not have anything, my right hand becomes uchiwa.

和文:

 夏には、やっぱり、うちわです。
 うちわは、いつでもどこでも、使うことができ、とても便利です。
 もし、うちわがなければ、その辺の下敷きや紙をうちわ代わりに使います。
 なにもなければ、右手でもうちわになります。

  fan ・・・ 扇、うちわ
  convenient ・・・ 便利な
  instead ・・・ その代わりに(通常、文頭か文末に使う)

投稿文:
 "Uchiwa" is the best stuff in summer. We can use it anywhere, anytime, and it is very convenient.
 If I do not have "uchiwa," I can use a plastic sheet or paper instead of "uchiwa."
 If I do not have anything, my right hand become "uchiwa."


<編集部より>
  うちわは、便利ですよね。私も会社に到着するなり、うちわで一扇ぎします。“I can not forget 〜 in summer.”(夏にはやっぱり〜です。)という言い方は便利なので、覚えましょう。


東京都 あーちゃんさん(初!!)
 

掲載文:

 Many Japanese tell ghost stories on summer nights.
 It makes us feel cool because scary stories send shivers up our spines.
 We tell stories during trips.
 Maybe it is because strange places make the tales more scary.
 The most popular is "one-hundred tales".
 We light one hundreds candles and blow them out one at a time after one story is told.
 When all one hundreds tales are told, something will happen.
 But no one knows what.

和文:

 多くの日本人は夏の夜、涼しくなるために怪談話をする。特に、旅行中することが多い。たぶん、見慣れぬ場所のせいで、怪談話がより怖く感じるのだろう。最も有名な怪談話は、「百物語」だ。100個のロウソクを用意し、火をつける。そして、一つ怪談話を終えるたびに、一つロウソクの火を消す。そして、100個全ての怪談話を終えると・・・きっと何かが起きるだろう。でも誰も、その時何が起きるのかは知らない。

  spine・・・ 背骨、背筋
  send chills/shivers up one's spine ・・・ 背筋が凍る
  blow out ・・・ (火を)吹き消す
  one at a time ・・・ 1本ずつ。one after anotherでもよい。

投稿文:
  Many Japanese talk scary tales in summer night to feel more cool. Especially, we talk during travels.  I think maybe strange place make tales more scarefull.  The most popular scary tale is "one-hundreds tales".  We need one hundreds candles with fire.  And once we finish talking a tale, we put off one fire of candles.  Then,we finish all one hundreds tales…something will happen propably.  But no one know what happened then.


<編集部より>
  暗闇の中、100個のろうそくが灯っているだけで、もう背筋が凍りそうですね!背筋が凍るという慣用句は、"send chills/shivers up one's spine"です。The situation that 100 candles are lit in the dark send chills up my spine!


三重県 tityuuyaさん(初!!)
 

掲載文:

 I grow long vines of gourd with white flowers and morning glory with purple flowers.
 They are nice because they block the strong sun light. At the end of the summer,
 I dry and paint the gourd and wrap the seeds of the morning glory in origami.
 It makes a good gift for my friends when we meet to talk about what we did for the summer.

和文:

 白や紫の花で賑わうひょうたんと朝顔のつるが我家を取り巻き、真夏の太陽をしのいでくれます。その後、ひょうたんにはペイントが施され、朝顔の種は折り紙にいれて、久々に会う友へのプレゼントに変身します。

  grow ・・・ 育てる
  vine ・・・ つる
  gourd ・・・ ひょうたん
  morning glory ・・・ 朝顔
  make ・・・ (プレゼントに)なる。

投稿文:
 There are long strings of Japanese gort and morning face with pretty white or purple flowers around my house,it is nice to get away from the sunshine high on the sky. After enough growth, gorts have been drown and morning face's seed are ready to gift in a each paper holding for friends long after summer vacation.


<編集部より>
  コレはとてもいいプレゼントになります。という表現で、It makes a good gift という言い回しは便利です。make は作るだけでなく、様々な使い方があるので、一度辞書で確認してみるとよいでしょう。


埼玉県 富士山さん(6回目)
 

掲載文:

 I wrap an ice pack in a Japanese towel, then wrap the towel around my neck or head.
 A Japanese towel works better because it is lighter than a regular towel.
 Everyone in my family does this.

和文:

  保冷剤を手ぬぐいで包み、その手ぬぐいを首や頭に巻きつけます。
  タオルで包むより手ぬぐいの方がサッパリして気持ち良いです。
  このスタイルは我が家の定番です

   ice pack・・・ 保冷剤
   Japanese towel・・・ 手ぬぐい
   work ・・・ 有効に作用する

投稿文:

 I wrap cold insulation agent in a Japanese towel and the Japanese towel around a neck and head.
Japanese towel is refreshed than I wrap it a towel. This style is a standard of my home.


<編集部より>
 みなさんは、英作文を組み立てる時に日本文を考えてからそれを英語にしていますか?それとも最初から英語で考えていますか?
  日本語を考えてからそれをそのまま英訳しようとすると、主語があいまいなので、やりにくいかもしれません。言いたい事を大まかに考えてから、英語で書き始めてみてはどうでしょうか?その場合は、主語と動詞をとにかく書いてしまうと、案外すらすらっと英語で書けるかもしれません。

編集部 りんご
 

掲載文:

Fu-rin is something that makes us feel cool during the hot Japanese summer.
It is a bell usually made of glass or iron.
We hang them from the eaves and enjoy the sound when there is a breeze.
Although the bell itself has nothing to do with the temperature, we Japanese feel cooler when we hear the sound.
However, sometimes neighbors claim that they are noisy.
I think it is because nowadays houses are built closer together than before.

和文:

  夏の暑さを和らげるものの中に、風鈴があります。
  ガラスや鉄で出来たベルで、軒先につるしておき、風に吹かれて鳴るちりんちりんという鈴の音に涼を感じるのです。
  実際に涼しくなるわけではないのに、涼しく感じるというのが日本らしい風情です。
  ところが最近では隣家との距離が近く、風鈴は騒音として訴えられることもあります。

   made of 〜・・・ 〜で出来ている
   hang ・・・ つるす
   eaves ・・・ 軒先
   breeze ・・・ そよ風
   have nothing to do with 〜・・・ 〜と関係がない
   close together ・・・ すぐそばに

投稿文:
 Fu-rin is one of the cool items for Japanese hot summer.
 It is a bell made of glass or iron.
 We hang from the eaves and enjoy the cool when it rings in a breeze.
 Although the bell itself is nothing with the coolness, still we Japanese feels Fu-rin sounds cool.
 However, sometimes it becomes a noise to neighbors recently as they live so close to each other.


<編集部より>
  音だけで涼しさを感じる、という感性はなかなか独特なのかもしれません。風鈴をつるしておく、と言う時に、It is hung from the eaves と受動態で言う事も可能ですが、We hang them from the eaves と能動態で書く方が書きやすい場合もあります。書きにくいなと思ったら、受動態⇒能動態、又は能動態⇒受動態という風に変えてみるのもひとつの方法かもしれません。

添削文について
編集部で作成した添削文は、一つの表現例です。その他にも様々な表現が考えられます。 また、投稿文のままでも文法上問題ない場合もありますが、編集部では、全体の文の流れなどを 考えて添削するようにしています。


リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語