英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > にっぽん解体新書 > 節分

にっぽん解体新書
【メルマガ連動企画】 
みんなで、にっぽんの文化・風習をもう一度見直して、おもしろいガイドブックを完成させよう!
各テーマについて、毎週投稿された作品の中から2作品を編集部で添削し、メルマガで発表します。各テーマの「最優秀作品」と「優秀作品」の方には、図書カード(500円分)をプレゼントします!
みなさまのご投稿お待ちしております。現在募集中のテーマは、「投稿フォーム」でご覧いただけます。
※多数ご投稿いただいた場合、すべてを掲載できません。ご了承ください。

  投稿フォーム   メルマガ登録
 節分
東京都 Shigeさん(初投稿!)
 

掲載文:

Setsubun is one of the traditional cultures in Japan. On setsubun day, we throw and eat dried soy beans to welcome happiness and get rid of bad luck.
When I was young, I used to be excited on that day.
My father always put on a mask of an oni (devil) and I threw soy beans at him!
He ran out of the house and this meant bad luck had gone away.
After this we all ate some beans. Eveyone was allowed to eat the same number as their age.
I always wanted to eat more because the soy beans were very good.


和文:

節分は日本の伝統的な文化の一つである。
節分の日には幸せを呼び、災厄をはらうために豆をまき、豆を食べる。
子供のころ、節分の日は楽しみのひとつであった。
父は鬼のおめんをつけ、そこに向かって豆を投げる。
すると鬼は家からでていく。
それは災厄が家から離れていくことを意味する。
また節分の日には年齢と同じ数だけ豆を食べる。
その豆がおいしいため、子供のころは年の数より欲しがったものだ。

    get rid of 〜・・・ 〜を取り除く

投稿文:
  Setsubun is one of the traditional cultures in Japan.  On setsubun day, we throw soy beans and eat soy beans to grow happiness and get rid of bad luck.
  When I was young, I used to be excited on that day.   My father always put a mask of an evil which is called oni and I throw soy beans to him!   He ran away from my home and it means bad luck is gone away from my house.   We can also eat them as many as our age.   I always wanted to eat more than my age because the soy beans are tasty.


<編集部より>

  "When I was young,"以降の時制を過去形に統一しました。また、house とhome では意味が異なってきて、"run away from home"とするとお父さんが家出したことになってしまうので注意が必要です。ここでは"ran out of the house"としました。


神奈川県 Yamatoさん(初投稿!)
 

掲載文:

 Setsubun
This year we enjoyed Setsubun in this way:
We bought beans and sweets that are wrapped in small packets.
Then, one member of the family threw them and the others picked them up.
Later, everyone showed each other what they picked up and traded them for their favorite.
We did not need to clean up the room and it was enjoyable, so I recommend you to celebrate Setsubun in this way!

和文:
 節分
 今年の節分は、小袋に入った豆やチョコレートなどのお菓子を用意して、家族でわいわいと楽しくやりました。家族が順番にまいて、まいてない人が早いもの勝ちでそれを拾って自分の袋に入れていきます。最後に思い思いに物々交換して、手に入れたお菓子をみんなで食べました。掃除をする必要もないのでおすすめです。

    packet 〜・・・ 小さな包み
    trade A for B・・・ Aを交換してBをもらう

投稿文:
  Setubun
This year, we enjoyed the Setubun in this way.
In turn.one of family throw the raped beans and chocolates etc., and the others picked up those sweets.
After all, we all checked the result, and exchanged as we liked.
We did not need to clean up the room and it is enjoyable, so I recommend you to do Setubun in this way!


<編集部より>
  豆をそのまま投げると、床が汚れて大変ですから、これはなかなかのアイディアですね。たくさんの事をいっぺんに書こうとすると、頭が混乱してしまいますが、短い文章をいくつか書くようにすると、もっと簡単に書くことが出来ます。

埼玉県 DEKOさん(3回目)
 

掲載文:

On Setsubun, people eat rolled sushi (ehomaki) for good luck, while facing the year's auspicious direction.
This year, the direction was south-southeast.
So I took big bites (marukajiri) to finish the whole roll by myself.


和文:
 節分の日は吉方巻きをつくります。
 今年は南南東を向いて食べると良いそうです。
 今年も大きな口を開けてまるかじりしました。

   auspicious・・・ 縁起の良い
   south-southeast・・・ 南南東
   take a bite・・・ 一口食べる

投稿文:
  On "Setsubun" day,I make a 「ehoumaki
  I turn to the south-southeast and should seem to eat this year.
  I opened a big mouth and did Marukajiri this year.


<編集部より>
 「大きな口をあけて丸かじりする」という表現ですが、"take a big bite"という表現を使ってみました。大きな口= "big mouth"とすると、「おしゃべり」という意味で使われる事の方が圧倒的に多いので、注意が必要です。

兵庫県 くんにゅくさん(2回目)
 

掲載文:

Throwing beans on Setsubun day has been our favorite event of the year for a long time.
But we had a problem this year.
We have a little dog at our house, and he is very greedy.
We were sure that he would eat up the beans as soon as we threw them.
Mother had a great idea. We threw "wrapped beans" this year.


和文:
節分の豆まきは我が家の人気イベントですが、今年は問題がありました。
犬を家の中で飼ってるんですが、そいつが意地汚い奴なので、投げた豆を即座に食べてしまうのは目に見えています。
そこで母親は一計を案じて、豆を何個かずつラップしたものを作り投げることにしたのです。

    greedy・・・ 食い意地の張った、強欲な
    eat up・・・ 食べ尽くす

投稿文:
  Throwing beans on Setsubun day has been our favorite event of a year.  But we had a problem this year.  We have a little dog inside our house, and he is very greedy.  He must get and eat up beans when we throw them.  So Mother got a great idea,  We threw "wrapped beans" this year.


<編集部より>
   "has been 〜" を使うときは「いつから」を入れるとよいです。例えば「子供のころから」や「昔から」など。今回は"for a long time"「長い間」としてみました。

埼玉県 富士山さん(2回目)
 

掲載文:

Every year I eat "ehomaki" on Setsubun.
One year, when I came home late at night after a hard day at work, an ehomaki and a letter with an arrow drawn on it was on the table.
"This year's auspicious direction is this way. ↑ Good fortune will surely come to you."
Thanks to my mother's thoughtfulness, I forgot how tired I was.


和文:
私は毎年恵方巻きを食べます。
ある年の節分の日、仕事で疲れきって深夜に帰宅するとテーブルに恵方巻きと母からの矢印の書いてある手紙が置いてありました。
「今年の恵方はこっちです。きっと福がやって来ますよ。」
この手紙と恵方巻きのおかげで仕事の疲れを忘れました。

    thoughtfulness・・・ 思いやり

投稿文:
Every year I eat ehomaki.

The day of the traditional end of winter of a certain year When I come home by work in the middle of the night, ehomaki and a letter were put on the table.

“This year's auspicious direction is this place.”
“Surely fortune comes over.”

I forgot fatigue of the work thanks to this ehomaki and a letter.


<編集部より>
  "a hard day at work"という言い回しで、忙しさがよく表せます。
  "I had a hard day at work."
  "Cold beer tastes good after a hard day at work."
  ぜひ使ってみましょう!

千葉県 ゴマチャンさん(2回目)
 

掲載文:

Every year my husband throws beans in each room of the house shouting "fuku-wa-uchi, oni-wa-soto" meaning "Fortune in and demons out".
After that we eat beans hoping for good luck.


和文:
毎年主人が”福は家、鬼は外”と叫びながら豆まきをします。
その後幸運を願いながら豆を食べます。

    hope for 〜・・・ 〜を望む

投稿文:
Every year my husband spreads beens in each room shouting "fuku wa uch,oni wa soto"
After that we eat beans hopping good luck.


<編集部より>
 hope for のforの後は名詞になります。forを使わない場合は、文章が続きます。以下の例文(あなたがテストに合格する事を望みます)を見て、比べてみましょう。
  ・I hope for your success in the exam.
  ・I hope you pass the exam.

りんご(編集部)
 

掲載文:

On Setsubun day, many temples and shrines have bean-throwing ceremonies.
They throw not only beans but also coins, sweets and lucky charms.

I think they should only throw beans because many people run to catch the sweets and charms as if their life depended on it.  It is like a war!  Some kids are pushed away by greedy grown-ups.  These people may be able to catch a 500 yen coin and feel lucky, but I don't think REAL luck will come to them.


和文:
節分の日には、寺や神社で節分豆まき会が行われます。
そこでは、豆だけではなく、お金やお菓子、縁起物などを投げてくれます。

豆だけを投げた方がいいのに。
人々は、より良い物を拾おうと必死になり、大人たちに突き飛ばされる子どもまで出てきます。彼らは500円玉とか拾えてラッキーと思っているかもしれませんが、本当の福は来ないんじゃないかと思ってしまいます。

    bean-throwing ceremony・・・ 節分豆まき会
    not only A but also B・・・ AだけではなくBも
    charm・・・ お守り
    as if one's life depended on it・・・ 死に物狂いで
    push away・・・ 押しやる
    greedy・・・ 強欲な
    grown-up・・・ 〔名詞〕大人

投稿文:
On Setsubun day, many temples and shrines have bean-throwing ceremony.
They throw not only beans but also the things which kids love, such as small money, sweets, snacks, and lucky charms!!
They should have thrown just beans....
Many people run for the better things for their life!! It is like a war!
Some kids are pushed away by greedy grown-ups!
I wonder they might get better things like a 1000 yen bill but they are definitely missing something else!


<編集部より>
  節分会に行って驚いた事は、豆だけじゃなく、お金も降ってくるということ。まさに戦場でした。死に物狂いでという表現、いろいろありますが、まさに、命がかかっているかのように、という表現を使ってみました。

添削文について
編集部で作成した添削文は、一つの表現例です。その他にも様々な表現が考えられます。 また、投稿文のままでも文法上問題ない場合もありますが、編集部では、全体の文の流れなどを 考えて添削するようにしています。


リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語