英語を学ぶ、覚える、モノにする

100万人の英語

今週のおすすめページ サイトマップ

メルマガ購読

広告掲載について


HOME > にっぽん解体新書 > 日本の結婚式

にっぽん解体新書
【メルマガ連動企画】 
みんなで、にっぽんの文化・風習をもう一度見直して、おもしろいガイドブックを完成させよう!
各テーマについて、毎週投稿された作品の中から2作品を編集部で添削し、メルマガで発表します。各テーマの「最優秀作品」と「優秀作品」の方には、図書カード(500円分)をプレゼントします!
みなさまのご投稿お待ちしております。現在募集中のテーマは、「投稿フォーム」でご覧いただけます。
※多数ご投稿いただいた場合、すべてを掲載できません。ご了承ください。

  投稿フォーム   メルマガ登録
 日本の結婚式
茉莉花さん(北海道)
 

掲載文:
 In Japan, after a couple promises to marry, a 'yuino' is held.  It is an official engagement ceremony that goes as follows:

 Groom to be: "Please let me have your daughter. "
 Father of the bride to be: "You may have my daughter. Please look after her."

 Then the groom's familiy gives 'yuino' money to the bride's parents. It is sometimes several million yen. Don't worry, it is not human traffic!  It is only a ceremony.


和文:
 日本では、婚約すると、「結納」が行われます。これは、次のような儀式です。

 新郎となる人:「お嬢さんをください」
 新婦となる人の父:「分かりました。娘をよろしくお願いします。」

 それから、新郎側の家は、新婦側の両親に「結納金」を贈ります。だいたい、数百万円になることもあります。一種の人身売買に思われますか?そんなことはないので、大丈夫。今日では、婚約式としての意味しかありませんから。

 Groom to be・・・ 新郎となる人
 human traffic・・・ 人身売買

投稿文:
 In Japan, after a promise to marry, "Yuinou" is held. This is a celemony goes as follows.
 The fiance: "Would you mind giving me your daughter ?"
 The fiancee's father: "All right.Please look after my daughter."
 Then the groom's family pays "Yuinou" money to the bride's parents. It is about several million yen.  Are you afraid it is a kind of human traffic? Don't worry! Nowadays it means only an engagement celemony.


<編集部より>
   「娘さんをください!」というのは、男性にとっては、一番どきどきする場面ではないでしょうか?
  さて、「よろしくお願いします」は、とてもあいまいな言葉です。状況により、何をお願いするのか変わると、英文も変わるので、注意が必要ですね。


Gonbeさん(静岡県)
 

掲載文:
  In Japan, many people are not that particular about religion so wedding style depends on what the couple feels like. You can say it reflects the condition of society and economy.

 50 years ago, most people got married in Shinto-style.

 But in the 1980's or so-called “bubble-era”, many couples wed in a luxurious hotel, a swank restaurant or even went abroad.

 After the "bubble" collapsed, and the economy was slow, so-called “Jimi-kon” couples increased. Couples didn't spend money and had only a simple ceremony.  In a Jinzen (meaning 'in front of people') style wedding, family and friends witnessed the couple taking their vows without a religious priest.

 In the present time, it seems that the western style wedding is mainstream. But recently, a popular actress held her ceremony in a Shinto-shrine so there may be more couples who would like to go after the trend.


和文:
 日本では宗教にとらわれずカップルの好みで結婚式はスタイルが決まります。そのため世相を反映しての流行り廃りがあります。

 古くは伝統的な神前結婚式が一般的でしたが、景気のよかったバブル期には豪華なホテルやレストランでの結婚式、また海外ウエディングが増えました。

 バブル崩壊後、不景気な時期は「地味婚」と呼ばれる仰々しいセレモニーは行わないカップルが増えました。また、神主さんや神父さん抜きの人前式も珍しくなくなりました。

 総じてみると現在はチャペル形式が主流かもしれません。しかし、最近、ある人気女優さんが神社で挙式したため、神前式の人気が復活する気配があります。

 wed・・・ 結婚をする 過去形はwed(米)またはwedded(英)
 swank・・・(人に見せびらかしたい程) 高級な
 vow・・・ 誓約

投稿文:
 In Japan, many people aren’t particular about religion so that wedding style depends on the taste of couple. So it reflects the condition of society. In old days, it was general that people married in Shinto-style wedding. But in prosperous day, so-called “bubble-era”, many couples wedded in a luxurious hotel or a swank restaurant, also couple wedding abroad increased. Jinzen-style, the couple takes a marriage vow in witness whereof families and friends, without a priest or a Shinto-priest, has been no longer a rare sight. Since the economic bubble collapsed, in slack season, there were many couples who didn’t held expensive ceremony, so-called “Jimi-kon” couples increased. In general, in the present time, it seems chapel-style wedding is mainstream. But recently, a popular actress held her ceremony in a Shinto-shrine. There are indications that Shinto-style wedding catches on young would be-couples again.


<編集部より>
  “are not particular”⇒“are not that particular”と表現すると、宗教に“それほどこだわらない”となり、あいまいさがより表現できます。また、時代が昔から今になるように文章の流れを整理してみることにより、使用する時制がはっきりしますよ。

りんご(編集部)
 

掲載文:
 It is very strange that although the Christian population is less than 1% in Japan, more than 60% of the couples that get married choose a Christian-style wedding.

 Why is this?

 I think this is because many brides want to wear a wedding dress. There aren't many occasions for Japanese ladies to wear a long dress except at their own wedding. Also, most couples prefer foreign ministers just for the 'look'. So, there is a rumor that ceremonial halls will hire anyone who looks like a minister as a part time job!


和文:
 とても不思議な事ですが、日本におけるキリスト教徒の割合は1%に満たないのに、60%以上のカップルが、キリスト教式で結婚式を挙げています。
 なぜでしょうか?それは多くの女性はウェディングドレスを着たいからだと思います。日本の女性が、長いドレスを着る機会は自分の結婚式以外にはなかなかないのです。多くのカップルが「それらしい」外国人牧師を希望します。でもそのほとんどの牧師さんたちはアルバイトだといううわさもあります。

rumor・・・ うわさ

投稿文:
 It is very queer that more than 60% of Japanese couples choose Christian-style wedding recently, although there're less than 1% Christians among Japanese.
 Why they prefer the Christian-style?
 Many brides want to wear a wedding dress and it suits the Chapel. Also, if they choose Japanese Shinto-style wedding ceremony, it costs more for Kimono in addition. Most of wedding center have Chapels and prepare Foreign chaplains. Because many couples prefer the Foreign chaplains. But most of them are on the temporary payroll and selected because they look like Caucasian!


<編集部より>
  どうしてチャペルでの挙式を希望する人が多いのか、という理由を説明するところがとても難しかったです。あと、長い文章を1文にするときの、接続詞の使い方にも苦労しました。

りんご(編集部)
 

掲載文:
 Brides who choose to have a traditional Japanese wedding at a shrine wear a white kimono, called "shiro-muku".

 It means white and pure and also symbolizes that the bride will give up her family and become the color of her husband's family.

 Also, the bride wears a big round white hat called "wata-boushi" so that no one else except the groom will see her face before the ceremony.

 The bride dressed in all white adds to the solemn atmosphere of the traditional wedding.


和文:
 日本の伝統的な結婚式を神社で挙げる人は、白無垢を着ます。

 白無垢は、「嫁ぎ先の色に染まります」という意味が込められています。

 また、白くて丸い大きな綿帽子をかぶりますが、式の前に花婿以外が花嫁の顔を見ないようにします。

 白い衣装をまとった花嫁は伝統的な厳かな雰囲気をさらに深めます。

 solemn・・・ 厳かな

投稿文:
 Those who choose the Japanese traditional wedding at shrine wear white Kimono, called "Shiro-muku". It means white and pure and represents the bride will give up her family and be colored by her husband's family. Also, the bride wears a white big round hat not to show her face except the groom before the ceremony, called "Wata-Boushi". The bride dressed in all white has solemn atmosphere.


<編集部より>
 “adds to” the solemn atmosphereで、厳かな雰囲気を「さらに」盛り上げるという表現が使えますね。

添削文について
編集部で作成した添削文は、一つの表現例です。その他にも様々な表現が考えられます。 また、投稿文のままでも文法上問題ない場合もありますが、編集部では、全体の文の流れなどを 考えて添削するようにしています。


リストページへ ページトップへ


Magazine(連載記事)

御園和夫のおもてなし英語
[週刊!]実践英語のツボ
今週のことわざクイズ
World Englishes!
グローバル企業と英語
今週のググる♪
イベント・セミナー情報

英語学習のヒントを探れ

CASECガイド
英語学習ガイド

英検ガイド・英検対策

英検ガイド
英検合格体験記

Archive(アーカイブ)

御園和夫の会話に役立つ英単語
御園和夫の英語面白楽習
英語とアスリート達
英語で作ろう!本格和食
にっぽん解体新書[投稿]
ひと言ビジネス英会話
御園和夫の異文化英語